【初乗り感想・今後の改善点】ハイエース 乗り心地はふわふわ編

どうも、ユージです。
ようやくハイエースワゴンが納車されました。😃
(この記事を書いてるのはその約1年後になりますが…)

ハイエースの第一印象

最初見たときは、車体が大きく、取り回しとかに不安があり、大変そうという印象がありました。
しかし数回乗ってみると、意外とすぐに慣れてしまいます。
色んな方の意見を見ても、だいたいすぐに慣れるとあり、まったく同感で、気にする必要はありませんでした。

座席位置も高く見晴らしがよいので運転も楽ですね。

しかし、というか、やはりというか、もともと背が高い商用車ベース特有の弱点が2つあります。

  1. 運転席、助手席に乗り込むのが大変
    Aピラーの手すりを持ってよっこらしょっ、てなる(笑)
  2. ちょっとした段差の走行でも、ふわっふわっと上下に揺れる
    国道などの大きな交差点なんかを通過すると、良く揺れて、そのふわふわした揺れが戻るのにも時間が掛かる

ということで、これらも踏まえ、今後のハイエースの重点的改善点を挙げていこうと思います。

とは言っても、まだ変わっていませんし、変わらない可能性もあります。
納車から1年経過する過程で感じてきた改善内容となりますので、気持ちは強いと思います。
ただ、記事としては非常に内容のない、個人の願望をつらつらと書いたものとなります事、あらかじめご了承ください。

重点的改善点

  1. 足回りのふわふわを改善する (2021年1月に改善!)
  2. 車高を下げ、カッコよく乗りやすくする (2021年1月に改善!)
  3. 乗り降り時のステップを付ける
    (スライドドア連動の自動にするか、踏み台で代用かを検討中)
  4. リヤラダーで荷物を載せられるようにする
    自転車や、カーゴ(ボックス)を積めるようにする
  5. 簡易マルチルームを作る
    緊急用としてのトイレの設置
  6. ダッシュボード以外で、撮影用カメラを色々設置できるようにする
    (運転席のすぐ後ろから前方を撮影など)
  7. エアコン口に冷えるドリンクホルダーの設置 (2021年8月に改善!)
  8. 運転席シートのバケット化

と言ったところでしょうか。

他にも、わんこ関連の改善なども考えていく予定ですが、直近としてはまず1と2の足回りを改善しようと考えています。
年内には改善しているかもしれません、続報をお待ちください。

番外編

家庭の事情になりますが、今後(年末)、3点式シートベルトで取り付け可能なチャイルドシートが必要(必須)になる予定です。
(2021年現在Joieのベビーシート、Gemを使っています)

このハイエースワゴンは2列目のシートをFASPシート(前後、向きを変えられるシート)に取り換えており、ハイエースワゴンに標準で付いているISOFIXがありません。
これがなかなか厄介で、シートベルトの位置も、キャンパー特有のサイドに棚が取り付けられていることで少し特殊な構造となっています。

一応、3点式シートベルトが付いていますが、安全第一でちゃんと固定できるものを選択し、難しい場合も、確実に固定できるように改良したいと思います。

ということでこれからちょっとずつ、…しばらく、バタバタしていきます。😅
そもそも旅に出ること自体が困難になるかもしれません・・・、決して悪いことではないんですけれどね。(笑)

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事