【ガチオススメ】撮影に出掛けたいと思わせる逸品★ソニーFX30

この度、LowendLifeですが、シネマカメラを買ってしまったので、その紹介となります!

もともとYoutubeで色々アップしていきたいという思いがあり、カメラを探していました。
動画のコンセプトは旅動画で、綺麗に撮れて、ブレもなく美しく、映える映像が提供できたらというのを主眼に探します。

ずばり、買ってしまったのは、SONY ILME-FX30B、APS-CのCinemaLineと言われる動画に特化したカメラです。

なぜこのカメラを選んだのか、このカメラに行く着くまでには色々、たくさん悩んできたので簡単に説明してみたいと思います。

欲しかった機能

  • 4K 120pでの撮影
  • スマホやコンデジよりも高画質なセンサー(1インチ以上)
  • 長時間撮影に対応(熱停止しにくい)
  • 手振れに強い

ざっとこんな感じで、映像にこだわれたらきっと幸せになれるはずって思っていました。
ポイントは、センサーサイズと高画質なスローモーション機能ですね。

もともとRX100M7(1インチセンサーのコンデジ)を持っており、4K動画も撮影できるコンデジのなかでもかなり優秀なカメラなのですが、あまり出番がありません。
理由としては、長時間の撮影が辛いのと(バッテリが弱い、熱停止がある)、4Kの場合フレーム数も30pが上限で、iPhoneの方が4K60pも簡単に撮れ、手振れ補正も強いことから、最近はほとんどiPhoneで撮影してしまっています。

このことから動画に強いカメラが欲しくなってきたわけです。

今年期待していたカメラ

GoPro Hero11 BlackやDJI Osmo Action3などのアクションカムや360度カメラのInsta360 X3が発表され、色々気になっていたのですが、その中で一番期待していたのが、ジンバルカメラと言われるDJI Pocket2の後継機でした。

ウワサでは、1インチセンサーが搭載され、暗所にもより強くなり4Kヌルヌル動画が撮影できそうなVLOG最強カメラになるなと…。
DJI Pocket2が出てかれこれ2年も経つので、そろそろPocket3が出てくる頃なんじゃないかな~、Action3も出ましたしねぇ、ということで調べてみましたが、どこからも発売される公式情報もなく、年内はありませんでした。
(いちおう噂では2023年の第1クオータにでも発表されるとか…)

これは2022年内に新しいカメラを買うのは難しいよなぁって思っていました。
しかし、とあるところでYoutubeにて気になる動画を見つけてしまいます…。

CinemaLineというカメラ

FX3(フルサイズのシネマカメラ)の後継機で、APS-C ZV-E10の上位機種にあたるSONYのFX30。
「散財小説ドリキン」さんの動画を見つけ、そこから波及して色々なYoutubeの方がFX30を買っていくというのを見ました。(もとは西田航さんのようですね)

そこから、西田さんはもちろん、大川優介さんのプロモ見てすげーなぁと思いつつ、桜風涼さんの解説に行きつきます。
そして、財布との相談が始まります。

えっと、カメラボディが25万弱。
ん?レンズもいるのか、どれどれ、…eマウントのソニー純正広角レンズ(15mm F1.4 Gレンズ)が8万超、ほぉ・・・。
ガチで動画撮るなら、NDフィルターも必要なんですよね。
記録メディアも、4K120pだと最低でもUHS-IIのV60が必要、最高画質で録画するとCFexpress Type Aが必須で、160GBで4万・・・。

レンズを色々買いだすと、50万コースじゃないか。
いやぁこれは本気でマズイ、どう考えても家族に黙ってポチっとできるレベルではない・・・。

Youtubeでは色んな方がFX30はリーズナブル、破格、安い、買い!って動画がいっぱい上がっているのですが、これ、α7SIIIや、FX3のいわゆるフルサイズ(35㎜センサー)ミラーレス一眼が100万円コース、というところから来ているみたいで、その半額でこのクオリティのカメラが手に入る、という謳い文句のようです。

RX100M7を買った時も、iPhone11(ノーマル)買った時も10万超えでちょっと高いよなぁって思っていたのが、遥かに上を行くお値段。(FX30はお値段以上?、にわかに信じがたいけど、散財される方には安いんでしょうかね)

価格.com - SONY ILME-FX30B 価格比較 (kakaku.com)

APS-Cとフルサイズとの違いとか

よく挙がるのが、APS-Cはフルサイズに比べてセンサーサイズが1.5倍ほど小さいので、ボケにくい、暗所に弱い、なんてことが挙がります。
それと、フルサイズの方が所有感が高い、という点ですね。

でも、桜風涼さんのYoutubeで勉強(というか受け売り?)、映像にボケはそこまで必要あるの?
動画は動きがあるのでボケが大きいと失敗しやすい。
フルサイズはレンズも重いし、なによりレンズが高い、大変だよ?
APS-CってSuper35mm(一般的な映画の規格)と同じサイズだから、シネマティックな映像とも相性がいい?
というところから、APS-Cって映像とのバランスやパフォーマンスが絶妙に良いんじゃない?ってなりました。

暗所撮影についても、そもそも暗いところで撮影しなければよく、F値の小さい明るいレンズを使用するとか、ライティングをしっかり計算して撮影すれば全然ノイズも乗らないっていう話のようです。

なるほどなぁ、と納得してしまいます。
F値の絞りの話も色々挙がっていますので、本当に勉強になります。

リンクはこちらです。https://www.youtube.com/@harukaze-suzushi

勇気を出してポチっとな

時はもうすぐ、ブラックフライデー。
これはセールとか、ポイント還元とか含めて安くなるかも、と思いつつ、いやいやソニーのカメラやレンズはセールしないやろ、せいぜいポイント還元が多めにつくくらいでは?と、少し距離間を置いて傍観しつつも、なんかついついFX30に関する動画を見てしまい早く欲しくなるんです。

ほかにも良いものが無いか、来年きっともっといいものが出るかもしれない、今のカメラで十分?などなど考えました。
が、ここは思い切ってガチな動画カメラを一台購入するのもありかな、と、家族の綺麗な動画が残せたらそれは幸せじゃないか、と、言うことで、「ちょっといいカメラ買おうかな、30万くらいするよ」と軽く相談。

・・・否定はされませんでした。

AmazonブラックフライデーやPayPay祭りの直前で、Yahoo!ショッピングでちょっとポイント多めな時にポチっとしました!!(確かぞろ目クーポンだったかな)
まぁ理由は在庫が少なく、実際に届くのが1週間以上先(取り寄せ)というのが多く、Yahoo!ショッピングを多用することもあり、今のタイミングで一番安いところで購入しました。
いざブラックフライデーやPayPay祭りで買おうと思ったら1か月先とか、安いところはすでに在庫切れで買えなくなる、というリスクを避ける意味でしたね。

久しぶりにドキドキしながらポチっとしました(笑)。
ハイエース(キャンピングカー)を最初に契約した時と同じ感じでしょうかね。

意外と早くに届きます

11月末、購入時は取り寄せになっていた気がしますが、レンズよりもボディの方が先に届きます。
まだPayPay祭り&ブラックフライデー中でしたね。

当然、ボディだけでは何もできません。
名付けて、レンズレスカメラ。(笑)

それから数日後、レンズやら色々届きました。

ちなみにレンズですが、…Tamron 18-300mm(F/3.5-6.3)という超ド変態なのをチョイス。

いわゆる便利ズームって言われるレンズですが、動画との相性は怪しいですかねぇ。
便利ズームで動画を撮影するのはなかなか難しいとのことですが、走り回る子供とかを遠くから撮影するには持ってこい、という話も聞いていますので、修行して色々撮っていきたいと思います。

購入物の一覧(散財集w)

以下、11月にポチっとした一覧となります、いわゆる散財一覧ですね(笑)。

ざっと計算すると40万円弱、ポイント還元もあるため実質33万円くらいでしょうか、買っちゃいましたね。
本当は単焦点レンズも1、2本(広角と標準あたり)欲しかったのですが、、ここはぐっと堪えました。
サクッとボーナスが溶けましたね。

ちなみに、カメラが届いた後、カメラストラップは慌てて買い足しています。
これがないと、外に持ち出せないですね…。
(今までですが、アクションカムやコンデジのようにポケットに入れる感覚でしたがさすがに無理です)

FX30の良い点、惜しい点

色々な人も言っているので、ここでは参考程度にしていただければと思います。

良い点

  • コスパが良い(APS-Cのため、フルサイズの半額程度)
  • 全体として軽い(ZV-E10等と比べると重いですがフルサイズより軽い)
  • Sony最新機能が詰まっている
  • 業務用ということだけあって、ボタン類が盛りだくさんでカスタマイズも可能

惜しい点

  • 4K120pだとクロップが大きい(160%)
  • 純正レンズじゃないとアクティブ手振れ補正が弱い
  • 最近流行りのマルチアングルではない(バリアングルでチルトがない)

サンプル動画

拙い内容ですが、簡単に撮影した動画を載せておきますので参考にいただければと思います。
場所は名古屋港水族館になります。

イルカショー&ペンギン

※4k120pで撮影し5倍スローモーション(フレームレート24)

望遠寄りだと被写体に的を絞るのが難しいですが、これがスマホとかの超広角レンズとの画角の違いだと、ひしひしと感じました。
標準~望遠域、絵として良いじゃない?

まとめ

なかなか買う機会のなかったレンズ交換式のカメラをついに手を出してしました。
とはいっても、一般的なミラーレス一眼ではなく、動画撮影に特化されたシネマカメラ(業務用)の入門機(?)となります。

自分としてはやはりオーバースペック気味に感じているのですが、まずは外に持ち出して色々撮影して、スキルを磨いていきたいと考えております。

2023年としては、FX30を使い倒して、Youtube動画など月1本ペースで上げていきたいですね!

ところでFX30の呼び方って、エフエックスサーティーですか、エフエックスサンジュウですか。
密かにエフエックスサンマルって心の中で言っています。(私だけ?)

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事